高校在学中18才の時にホリプロにスカウト(*1、*2)され卒業後上京、22才でエピックソニーレコードよりシンガーソングライターとしてデビュー、シングル7枚、アルバム3枚(*3)をリリース。

 

その後27歳でホリプロを円満退社し、フリーでライブ&スタジオミュージシャンとして活動。
数々のアーティストの仮歌やサポートコーラス(*4)を手がける。
(手がけた曲は多数、すでにカウント不可能ですがその一部を works でご紹介いたします)

現在はヴォーカル、ガイドヴォーカル、コーラス、コーラスアレンジ、ヴォーカルディレクション、ヴォーカルアレンジ、ヴォイストレーニング、作曲、新人CDプロデュースなどの活動中。

yuko.jpg


*1 ホリプロタレントスカウトキャラバンの第一回の決戦大会でスカウトされました。
*2 デビュー前にお勉強としてなんと!バラエティ番組にレギュラー出演していました。
(→「たのきん全力投球」「笑って笑って60分」)
*3 <ソロ作品>
single「東京チークガール」他数枚
album「リトルトウキョウ」「フジヤマパラダイス」「不眠症候群」
*4 ミュージシャンとしての初仕事は時任三郎さんのツアーでした。
ラジオ番組を一緒にやっていたご縁でバックコーラスに抜擢していただきました。

 小学生でピアノを始め、とりあえずやめないで続けました。
高校進学の時、音楽専門コースのある高校を選んだのは、今考えれば最高の決断でした。
そこでクラシックの基本を思いっきり学んだことが大きな財産になっています。
声楽、ピアノ、聴音、ブンゲン、音楽史、音楽理論、合唱、等々。
1日中音楽漬けの日々の中、担任の先生がなんとなくコードの押さえ方を教えてくれたことがありました。
授業の中のほんの五分間でしたが、私は聞き入ってしまいました。
帰宅してそのへんにあった歌本をみたら、ちゃんとコードが書いてある。
歌謡曲の伴奏が簡単に弾けてしまった時の感動は、いまでもリアルに覚えています。

そうなったら今度は、オリジナルをつくってみたいなぁ、、と思ってしまいました。
自分の曲なんて作ってみたら楽しくて、シンガーソングライターになる夢がふつふつと湧いてきました。

初めて受けた「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で決戦大会に出場後、上京して本格的に勉強することを勧められ、高校卒業後上京。
ホリプロにて4年間の曲作りの修行後、エピックソニーからデビューさせていただきました。
5年後、いろいろ考えて現役を引退、ミュージシャンに転向しましたが、もちろん最初から仕事があるはずもなく、知り合いの役者さんの事務所を手伝ったり、花屋さんでアルバイトしたりで大変でしたが、仕事が入ると優先させてくれるような優しい雇い主さんに出会ったことが私の幸運だったと思います。
2年たった頃にはかなりの仕事をいただけるようになり、今に至っております。

Copyright©Yuko-Kawai.com. All Rights Reserved.